和室の畳替えをしてもらおう【定期的にメンテする必要アリ】

メニュー

心やすらぐ香りが嬉しい

男性

交換目安とイ草の選び方

毎日目にしていると気が付きにくいかもしれませんが、畳は日焼けなどによって徐々に変色していき、最初は緑掛かった色でも、やがて黄色くなります。そして、畳替えによって新しくなりますと、畳がキレイになるだけでなく、部屋も全体的に明るくなるのです。さらに、イ草には心をリラックスさせる香りがあり、新しい畳なら一層ストレスの軽減効果を望めます。畳替えの時期はイ草の品質などによっても違うのですが、概ね5年ほど、また、早ければ3年間隔で行うことも目安とされています。上質な畳なら9年以上持つこともあるのですが、イ草の新鮮な香りを楽しみたい時は、比較的リーズナブルな物を選び、短期間で畳替えを行うのが豆知識です。一方、畳にはランクが数々ありますから、畳替えをする時も、予算や希望に応じて自由に選べます。ランクの違いはそのまま感触の違いに現れることが多く、実際に手で触れれば、その差を実感できる場合も少なくありません。そこで、もしも可能なら製畳業者に頼み、サンプルなどで確かめさせてもらうと良いかもしれません。基本的に高級な畳では長身のイ草が使用されており、張り替えで裁断する余分な切れ端が長いほど、高品質の証しとされています。イ草の感触は茎や穂先よりも中間部分の方が良く、その部分をふんだんに使える長身のイ草が、高級畳には欠かせないのです。このほか、イ草の使用量も品質に深く関わっており、織り込み本数が多いほど丈夫で、価格は高額になりますが、畳としての耐久力も高くなります。

Copyright© 2018 和室の畳替えをしてもらおう【定期的にメンテする必要アリ】 All Rights Reserved.